ぱっちりとした目に|気になるあざは治療を綺麗に無くせる【美肌は治療で手に入れる】

気になるあざは治療を綺麗に無くせる【美肌は治療で手に入れる】

婦人

ぱっちりとした目に

婦人

目が一重と二重では、相手に与える印象が全く異なります。一時的に二重にするためのアイテムは売られていますが、永続的に二重にするには整形手術をする必要があります。ただ、メスを使った整形手術をすると、腫れや赤みが治るまで安静にしていなければなりません。そうなると、働いているなら長期間の休暇を取らなければなりません。なるべくすぐ通常の生活を送ることができるように、二重にしても腫れないような治療に人気が集まっています。メスを使う治療方法では1週間程度は腫れていて、アイメイクもできません。片目ずつ手術をすることで、眼帯をしてごまかすこともできますが、両目を一度に手術できないことでバランスが悪くなる原因になります。メスを使わずに腫れない治療方法は埋没法と呼ばれる方法で、糸で縫い合わせて二重にします。

腫れない治療方法として埋没法は人気ですが、糸をまぶたに縫いとめるものなので、異物が体内にある状態になります。糸は手術用の専用の糸で髪の毛よりも細いものですが、術後に目の中がゴロゴロした感覚が残ったり、糸がまぶたから出てしまったりすることもあります。これらは技術の高い医師ならば起こりにくい失敗なので、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。糸を入れても腫れないということは、それだけまぶたに対する力も弱いということです。まぶたの皮膚が厚い人は、糸で持ち上げることができないので、メスを使った方法を選ばなくてはいけません。メスを使う方法でも糸を使う埋没法でも、二重の形は医師と相談の上決定します。その際、同じイメージを医師と共有できるまで、しっかり相談することが大切です。